格安ミュージカル、対話式絵本読み聞かせのおはなし劇場は道徳的な劇団天童におまかせください!

アマテラス

アマテラスロゴ

2012年12月9日(日)

松戸森のホール21・小ホール

10:30/14:00 二回公演

前売り:2,500円(自由席)


今年は古事記編纂から1300年と言われます。
ミュージカル「アマテラス」は、古代の物語です。
アマテラスとは、伊勢神宮の天照大神のことです。
アマテラスはイザナギ、イザナミの子どもと言われます。
古代、130年頃。狗奴国(くなこく)、投馬国(とうまこく)、邪馬台国(やまたいこく)等、小さな国の間に争いが絶えません。
雨も降りません。

邪馬台国の巫女(みこ)、ヒミコ、狗奴国の巫女、ヨミリ。
雨を降らしたほうが、ヤマト首長国連合の女王になり、戦いをおさめようということになりました。
ヨミリとヒミコ、どちらが勝ったと思いますか?

ヒミコです。

ヨミリは、どうして自分が負けたのかわかりません。
ヨミリは、雨を降らしたのに、なぜか、止んでしまったのです。
おわかりになりますか?

答はすぐそばにあるのです。心の内にあるのです。
舞台で答がおわかりになります。
こどももおとなも、古代ロマン、夢の旅にご案内いたします。
古代、謎の世界。

これから、いろいろ、書いてゆきます。
ミュージカル「アマテラス」作者。浜島代志子より

※この作品は、加納眞士著ヒミコ伝から大いに参考にさせていただきました。

2012年10月9日(日)
松戸森のホール21・小ホール
JR新八柱駅、新京成八柱駅、徒歩12分。タクシー、ワンメーター。バスもあります。
劇場は、日本屈指の豪華劇場。
10:30/14:00 2回公演 
チケット2,500円(格安です!) 全自由席

全員役付き全員ミュージカル!パワー全開!
一流の作曲、振り付け、俳優が共演。夢とロマンと感動のミュージカル!
こんなすごいミュージカル、見逃したら一生、後悔しますよ。
手前味噌だとお思いになるかもしれませんが、ほんとうにおもしろいのです。

チケットのお申込みは、劇団天童へ。
劇団天童天童芸術学校
浜島代志子 山本志津 タネル志乃
〒270-2251
松戸市金ケ作24-1第五泉ビル201
TEL/FAX 047-703-7932
mail⇒ hamashima@gekidantendou.com
URL⇒http://gekidantendou.com


↓写真をクリックすると拡大します。
アマテラスチラシ表 アマテラスチラシ裏

アマテラスチラシ裏


曲は、山口ビリーさん、振り付けは、裕幸二さん。
本格派の二人。

歌も振りも難しい。
皆、懸命です。と、いうより必死です。
真剣に取り組む、いい加減にしない、位置取り、台詞、どれもいい加減に出来ない。
ミュージカルは、総合芸術。
指導する志津、志乃も真剣そのもの。演出の浜島は、統括。
スタジオにピリリとした空気が流れる。
稽古が終われば、とたんに和やか。これが天童!
いいね、いいね。子ども達がかわいくてしょうがない。
小2から高3まで。

この子達が、未来を創る。
俳優達との稽古が始まる前に、作り込んでおかなければならない。


☆キャスト紹介☆

☆アマテラス・・・浜島代志子
☆ヨミリ・・・タネル志乃
☆ヒミコ・・・山本志津
☆ヒミコミ・・・Kuma
☆ミズナムチ・・・村上幸央
☆アワノ姫・・・タネル侑希乃
☆イヨ・・・タネル舞璃乃

◎ヒミコ(子供時代)…加藤ひか里
◎ヨミリ(子供時代)…寺田野々花
◎オシラ…星野睦子
◎オンジイ…局勇輝

◎ナニャドラの里、くな国、邪馬台国のこども達
佐藤亮雅  米倉春乃  林ちひろ  新井麻友  老沼美咲
山見奈々花  山田阿摘美  タネル舞璃乃  加藤未桜    
渡辺瑞季  寺田野々花  加藤ひか里

◎ナニャドラの里、くな国、邪馬台国の人々 
山田菜摘美  武藤誉人  タネル侑希乃  曽我茜 
加藤優里  下谷玲奈  田口陽子  寺田康恵  
飯沼久美子  局勇輝  土井ベッサ  上原明花

チケット購入

劇団天童新作ミュージカル「アマテラス」のチケットは
下記の電話かメールにてお買い求めください。

TEL.047-703-7932(劇団天童

hamashima★gekidantendou.com

(迷惑メール防止のため、★を@に変えてください)

件名に「チケット購入」とし、本文にお名前・住所・チケット枚数を入力してお送りください。チケットは銀行振込(前払い)となります。返信メールにて口座番号をお知らせいたします。※メール便代金、振込手数料はお客様のご負担となります。予めご了承くださいませ。


稽古日記


  • 11月22日(木)17:30~19:30

歌ナンバー『符術くらべ』です。狗那国のヒミコミが、巫女ヨミリに勝て、勝て!とまくしてます。邪馬台国のミズナムチはヒミコの力になれないと語りかけます。ヒミコも自分には力がない・・・と弱気です。さて、雨を降らした巫女はヨミリ、ヒミコのどちらでしょう・・・。


ヒミコミ役のkumaさんは、迫力の芝居で市民キャストを引っ張ってくださいます。本番まであと二週間、気合いを入れて稽古します。

  • 邪馬台国の歌

  • 11月5日(月)10:30〜16:00

商業ミュージカル、大衆演劇、歌のお兄さんと多忙のミズナムチ役の村上幸央さんと稽古をしました。邪馬台国の幸せ家族(ミズナムチ、ヒミコ、イヨ)の芝居がようやくできました!
狗那国のヨミリ、アワノ姫のシーンもだいぶ、仕上がってきました。

合わせ稽古が楽しみです!



一部の歌&ダンスショー『貝殻節』村上幸央さん

  • 10月25日(木)13:00〜19:30

♪♪『ミズナムチの告白』とういう歌の振付をつけてもらいました。
ミズナムチは実は渡来人で、ヒミコを殺そうとしていたことを告白します。が、ヒミコの“和の国を創る!”という熱意に心揺さぶられ、ヒミコに仕えることにしました。
このことを知らされたヒミコはミズナムチにどう応えるのか・・・。

  • 10月18日(木)14:00〜19:30

ヒミコミ役のkumaさんが稽古に初参加してくださいました。
さすが!!の歌声!響き渡る声と確かな音程に聞き惚れました。

裕先生にM3(全員;雨乞いに勝つ)、M16(ヨミリ&ヒミコ;ひとつになる)、M13(ヨミリ、アワノ姫、白鳥)、M14(ヨミリ、アワノ姫、白鳥、巫女)、M17(全員;和の心)、M15の戦いの際の龍の細やかな動きまで、振付をしていただきました。素晴らしい!につきる。歌、芝居の意味が踊りから熱く、伝わってきます。

  • 10月14日(日)13:30〜17:00

幕が開いて一番初めの曲。「ナニャドラの里」、青森県八戸来に伝わるナニャドラ、という日本最古の盆踊り歌と言われる歌。ナニャドラヘ・という歌詞、意味がわかりません。

天童の染井ひろ実さんの母上は、「わかりますよ」と、歌ってくれました。作曲家も「わからんなあ・・、この詩」。皆の頭を悩ませた歌、山口BILLYさんの曲、裕さんの振りがつくと、かっこいいこと!役者は、たいへん。二番目の曲「和を願うなら」里人とアマテラスの歌。ここに大きなテーマがあります。

開幕してすぐの大曲が続きます。息抜く暇無く稽古。

おとな俳優7人、飯沼、局、星野、土井、田口、寺田、上原。子役二人、まりの(「イヨ役」、ののか(ヨミリ役)。
振り稽古をつけるのは、山本志津。芝居、他の歌も。
休む暇なく、稽古、稽古。衣装を渡した。ヤマタイ国、クナ國のはちまきも渡した。龍役の寺田、局さんに黒子と面。稽古に来る毎に出番が増えている。これが、劇団天童です。
役者の力を引き出すのが、演出、浜島の喜び。
充実の時間です。

画像の説明
画像の説明
画像の説明

  • 10月14日


ナニャドラの里、M2、和を願うなら。なかなかの大曲。振りも難しい。スローテンポだけに、ひとつ間違えばアラが出る。
おとな7人、飯沼、局、星野、土井、田口、寺田、上原。子役二人。まりの、ののか。
振り稽古をつけるのは、山本志津。芝居、他の歌も。
休む暇なく、稽古、稽古。衣装を渡した。ヤマタイ国、クナ國のはちまきも渡した。龍役の寺田、局さんに黒子と面。稽古に来る毎に出番が増えている。これが、劇団天童です。役者の力を引き出すのが、演出、浜島の喜び。充実の時間です。



a:4702 t:3 y:1

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional